マネーの専門家に学ぶ! 「お金が貯まる人」になれる「家計簿」活用術

【画像】節約に悩む人間のイメージ

「国民生活基礎調査」(2015年、厚生労働省)によると、いまの生活の状況について、苦しいと感じている人(「大変苦しい」と「やや苦しい」の合計)の割合は60.3%で、「普通」(35.9%)「ややゆとりがある」(3.2%)を大きく上回っています。同調査によると、1世帯当たりの平均所得金額は541.9万円となっていますが、平均所得を下回る世帯の割合が6割以上(61.2%)を占め、児童のいる世帯でも4割近く(38.6%)が平均以下となっており、苦しい生活を送っている世帯が多いことがわかります。

【グラフ】各種世帯別にみた所得の状況

「家計の金融行動に関する世論調査」(2016年、金融広報中央委員会)だと、「金融資産がゼロの世帯」は、年間収入が「300〜500万円未満」で29.8%、「500〜750万円未満」で23.7%。意外なことに、「1000〜1200万円未満」という高給取りでも、2割以上(20.3%)が貯金ゼロという結果が出ています。

一方で、同調査によると、年収「300〜500万円未満」の40歳代で、500万円以上の金融資産をもつ割合は25.1%(30歳代だと24.2%)。「500〜750万円未満」の40歳代で、500万円以上の金融資産をもつ割合は42.9%(30歳代だと31.8%)。この数字を見るとわかるのは、同じ年齢層で同じレベルの収入を得ている人のあいだでも、「お金が貯まる人」と「お金が貯まらない人」ははっきり分かれるという事実です。

【グラフ】40歳代の金融資産保有額(年収別)

お金が貯まる人になるカギは・・・家計簿?

あなたが「お金が貯まらない」側の人だとしたら、老後の資金を貯めるのもやっぱり無理かも・・・。では、どうしたら「お金が貯まる」側に行けるのでしょうか。元メガバンクの支店長で、『金の卵を産むニワトリを持ちなさい』(アスコム)の著者である菅井敏之さんによると、古典的な手法ながら、「家計簿」を活用することで、誰でもお金が貯まる体質に変われるそうです。

「消費生活に関するパネル調査」(2016年、家計経済研究所)によると、直近4年間、定期的に家計簿をつけていた30〜50代夫婦の家庭では、4年連続の定額貯蓄に成功した割合が34%でした。ところが、家計簿を一度もつけたことのない同世代の家庭では、その割合は半分まで減りました。どうやら、菅井さんが指摘するように、家計簿をつけることはお金を貯めるのに有効な方法のようです。

でも、家計簿をつけるのって、面倒くさいですよね。働きざかりのビジネスパーソンならなおさら。上記の調査で家計簿の記帳状況を聞いたところ、「4年とも定期的につけていた」人の割合はたったの13%。最近ではスマホ向けの家計簿アプリもいろいろ出ていて、じつは、私の妻もダウンロードして使ってみたのですが・・・長続きしませんでした。その理由は「毎日つけるのが面倒くさい!」だそうです。

「お金を貯めるという目的で言えば、家計簿をつける目的は2つあります。1つは、1か月の収支がプラスかマイナスかを知ること。もう1つは、項目ごとに毎月の支出金額を知ること。ある項目が、毎月だんだん大きくなったり、月によって大きく変動したりするときに、原因を調べて対策を立てるためにつけるんです。これらを知るには、家計簿をつけるのは月1回で十分です」(菅井さん)

専門家の「家計簿活用術」を試してみる

ここで、菅井さんのやり方をご紹介しておきましょう。

「菅井式家計簿」の収入項目は1つだけ。支出項目は、家計のうち大きな割合を占める「住宅費」「保険料」「教育費」「自動車費」の四大固定費が柱。それぞれの家庭の事情で、ほかに大きい支出項目がある場合、別途項目を立てて、あとはまとめて「その他」でOK。項目ごとにビニール袋や箱を用意し、それぞれに項目名を書き、目立つところに置いておきます。

「買い物をしたときは必ずレシートをもらって、家に帰ったら、あてはまる項目の箱なり袋なりに放り込んでおきましょう。そうして1か月経ったら、項目ごとに計算して金額を記入すれば、終わりです」

これだけなら私でも続けられる気がしたので、さっそくチャレンジしてみました。実際、月に1度、20分ほどで済んでしまいます。始めてまだ数か月ですが、続けてみて驚いたのは「なぜか自然と支出を減らそうという気持ちになる」ということ。菅井さんはこの感覚について、著書で説明しています。

「お金の流れを『見える化』することで、支出はどんどん減っていくんです。気になる支出や節約したい支出があれば、それだけを独立させた項目をつくってください。その支出金額を 1月、2月、3月と見ていくと、自分の中でブレーキがかかってくるはずです」

四大固定費の見直しに挑戦してみた

菅井式家計簿をつけていると、どうしても気になってくるのが四大固定費。いずれも月額が大きいので、何とかしなくてはならない気持ちになるんです。菅井さんは、「賃貸家賃の見直し」「住宅ローンの返済費の見直し」「過大に払っている可能性の高い生命保険や医療保険の見直し」「いらない車の手放し」といった四大固定費の見直し方についてもアドバイスしています。

じつは、菅井さんのアドバイスをきっかけに、私もひと足お先に「賃貸家賃の見直し」に成功してしまいました!

自宅界隈の家賃相場がここ数年でかなり下がっていることを不動産サイトで知り、ちょうどよく最近2年に1度の更新時期が来たので、思い切って値下げ交渉に挑んでみました。すると、なんと「更新料(13万円)は無料にする。次の更新まで住み続けたら、家賃自体も下げる」という確約をもらえました。ありがとう、菅井さん!(笑)

その先にある「新しいお金が入る仕組み」へ

四大固定費をはじめとして、私たちは日々ムダづかいをくり返し、お金を貯めるチャンスを逃しているようです。家計簿があれば、そんな負の連鎖から脱出できるかもしれません。菅井さんは、ムダづかいを減らすだけでなく、老後を生きる上で「新しいお金が入る仕組み」を持っていることはとても重要だと著書で書いています。メガバンクの支店長時代、不安そうなお金持ちと、人生を楽しんでいるお金持ちがいることを知った菅井さんは、両者を分けるものはいったい何なのかを調べたとか。

「不安そうなお年寄りも大金を持っていますから、『貯金の額』ではありません。『年金の額』もそれほど差はないので、関係ありません。その違いは、キャッシュフローだったんです。新しいお金を運んでくれる『仕組み』を持っているか、否かなんです。その仕組みが、人の心を豊かに、明るくするということを実感しました」(菅井さん)

「お金を貯められる人」の側に立つには、ムダづかいを減らすだけでは足りなくて、その先にある投資を見据えた資金づくり、さらには新たなビジネスづくりも――そんな「心がまえ」も必要なのかもしれません。とはいえ、まずは足もとから。できることから一つずつやっていきましょう。

(文・永峰英太郎)

この記事が気に入ったらシェアお願いします!